来院職業ランキング


2014年の10月・11月・12月にボイスケアを受けた方々の職業データをランキングしてみました。


1位 歌手(プロ歌手志望やアマチュア合唱も含む)
2位 声優(養成校学生も含む)
3位 教師(保育士も含む)
4位 ナレーターおよびアナウンサー
5位 サラリーマン
6位 俳優
7位 フリーターおよび無職
8位 医療関係(医師・歯科医師・言語聴覚士・柔道整復師・鍼灸師)
9位 歌舞伎および能
10位 主婦


そう、学校の先生が多いのに驚きました。
中でも、小学校低学年の担任と保育士がダントツ!
やはり、感情を込めて大きな声を出す機会が多いものと推察します。

e0146240_1857670.jpg





追記:複数に属す方もいらっしゃるため正確無比なデータではありません。また、劇団四季や宝塚歌劇団は歌手に分類します。無職には、退職後のボイスアンチエイジングを受けている高齢者を含みます。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-01-16 04:51