輪状甲状関節モビリゼーションが効果絶大!


e0146240_2093280.jpg

高音発声やピッチ安定のために開発された輪状甲状関節モビリゼーション。
卓越した會田の手技によって輪状甲状関節を動かし、最低音から最高音までの動きを感じ取っていただきます。
さらに、可動範囲を増やすことも可能で、発声オクターブが伸びます。
ただし、輪状甲状関節モビリゼーションを行うには重要な条件があります。
①喉まわりの筋肉が硬くないひと。〔おおむね25Tone以下の方〕
②LDP(喉頭深奥ポジション)でないこと。
この2点。
①発声にかかわる筋肉が硬いケースでは、輪状甲状関節の動きが恒常的に緩慢・・・
②輪状甲状関節モビリゼーションは輪状軟骨をやや押し込むため、LDP状態では関節可動域が担保されません・・・
この輪状甲状関節モビリゼーションを受け「輪状甲状関節の本当の動きが分かった」「高音がめちゃくちゃ伸びた」「発声音域が2オクターブ近く増えた」「高音が良くなったことで低音がより活きてきた」「苦手だったリズム感が改善した」「輪状甲状筋がとても小さいことと偉大であることを知った」などの意見がありました。
さあ、輪状甲状関節モビリゼーションで、最高のボイスライフを満喫してください!

e0146240_9385083.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-11-28 09:52