声の短問短答【続編】296


「弓場メソッドを長く利用していますが、思うような高音が出ません。なぜですか?」

弓場メソッドは理にかなった素晴らしい訓練法です。
わたし自身も試し、成果あるメソッドであると言いきれます。
ただし、効果を実感できないひとが多くいるのも事実のようです。
過去に、その方々の協力を得て、検証したことがあります。
主因は、輪状甲状関節の動く環境が整っていなかったことにありました。
ほとんどが LDP、ごくわずかですが輪状甲状関節亜脱臼が存在し、関節可動域を制限していたのです。
例えるなら、真っ直ぐ伸ばした膝(ひざ)にギプスを巻いて、高くジャンプする練習をしているようなもの。
やはり、ひざが曲がらない状態ゆえ、足首だけを利用することになり、決して高く飛べないでしょう。
これと同じ。
繰り返しますが、弓場メソッドは効果的な優れた手法です。
それが効かないひとは、まず、輪状甲状関節の動き具合をチェックしましょう!

e0146240_17352336.jpg





追記:そう、輪状甲状関節が正常に動かない環境下で輪状甲状筋を鍛えるのは不可とお考えください。

e0146240_17355263.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-10-25 00:23