声の短問短答【続編】286


「どんなヘッドホンが良いのですか?」

数多くのヘッドホンを所有して研究してきました。
それぞれの金額は、1,000円から500,000円まで。
何度も繰り返し聴きまくりました。
結果、値段に比例して音は良くなることを確認。
しかし、ある程度の金額を超えると、そこから先は個性の範疇であるとわかったのです。
その金額とは、5万円程度と感じています。
そう、結局、それ以上高額な品の音は、使用者の好き好き。
選ぶ基準を、もう少し明確にしましょう。
ボリュームを下げても、音の情報量が豊富なヘッドホンを見つけてください。
具体的には、音を小さくして、声と伴奏曲をはっきり聴き分けられることが重要。
ただ、これも耳の精度や嗜好の個人差が大きいので、お店でしっかり試聴してから購入してくださいね。
また、エイジング(機械的には劣化!?)によって、音が柔らかくなったり音の輪郭が穏やかになったりします。
このような経年変化もありますが、これもマシンアートの一環として、ヘッドホンを楽しんでください。
スピーカーにはない音響集中感や空間的埋没感は、えもいわれぬ愉悦をあなたに供することでしょう・・・

e0146240_5213273.jpg
音声音響研究所






追記:ちなみに、わたしのお気に入りヘッドホンはウルトラゾーンのエディション5。超高額でしたが、一聴して虜になりました。製品の個体差を調べて発声に活かすため2本ゲット。何が気に入ったのか白状すると「音が深く静か」であることに尽きます。長時間使用しても聴き疲れしない。研究三昧のわたしには、この点も評価大ですね。

e0146240_4553442.jpg





声を良くする決め手

良い音をたくさん聴いて耳を鍛えろ!

by aida-voice | 2014-10-08 01:38