声の短問短答【続編】285


「メイヨークリニックに所属して解剖を行っていたのですか?」

いいえ、所属も解剖もしていません。
単発のセミナーに参加し、医師が解剖しています。
わたしは、それを見て、触れ、考えたのみ。
目に覚えさせ、指に叩き込み、本当の動きや役目を考え抜きました。
数多くの喉頭から学ばせていただいたのです。
まだまだ不完全ですが、徐々に外喉頭の真実に近づいてきました。
現在のボイスケアがあるのは、このような研究の機会に恵まれたおかげです。
ご献体くださった心優しき方と関係各位に心より感謝申し上げます。

e0146240_5425528.jpg


e0146240_4532167.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-10-08 00:51