効果抜群! FSBR〔ファイブ・セコンズ・ブレス・レコーディング〕



FSBR 〔ファイブ・セコンズ・ブレス・レコーディング〕


声の根本は、声帯の振動と共鳴腔の活用の二点。
声帯を振動させるのは、空気の流れ(呼気)。
さらに、声は音であり、音は空気の疎密波(振動)。
そう、共に空気が必須。
体内外に空気を出入りさせる機能が呼吸。
呼吸を紐解くと、良い声には二種類の呼吸が大切であるとわかります。
一つは、絶対肺活量(生きるためのレベルの肺活量ではなく、ここでは発声や歌唱用肺活量の意味)。
もう一つは、呼気のコントロール性(効率性)。
この二つが相まって、最高の声が生まれてくる源となります。
FSBRのトレーニングは、絶対肺活量を格段に高めます。
なお、獲得順は、初めに絶対肺活量、次に呼気のコントロール性。
よって、今回はFSBRで、皆さんの絶対肺活量を徹底的に向上させます。

方法
①全身を脱力した状態で立ちます。
②《配布プリントをご覧ください》
③《配布プリントをご覧ください》
④《配布プリントをご覧ください》
⑤《配布プリントをご覧ください》
⑥ゆっくり息を吸い、呼吸を整えます。
⑦《配布プリントをご覧ください》
⑧《配布プリントをご覧ください》
⑨ここからが重要なポイントです。《以下、配布プリントをご覧ください》

このFSBRを続ければ、相当の効果が期待できます。
なぜ?
つまるところ、呼吸が上手いひと、息の流れが美しいひとは、声が良いからです!



e0146240_12443643.jpg






追記1:再来時に「詳しいやり方」と「記録表」のプリントをお渡ししています。




追記2:呼吸のコントロール性の獲得は、当サロン内の加圧呼吸トレーニングが最適。あらゆる音声を表現するための、強く美しい呼吸を作り出します。是非、習得してくださいね。






e0146240_13143451.jpg
極上の呼吸には喉の柔軟性と運動性も必須。そう、発声は一種のスポーツだから!













~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-11-20 09:24