声の短問短答【続編】283


「歌の上手い下手って結局は何?」

繰り返し言い続けていることなのですが、歌に上手い下手はないのです。
そう、判断の基準がないから。
ある歌を聴き、Aさんが感動しても、Bさんは何も感じない。
こんなことがざら。
では、歌唱力があると評判になったりミリオンセラーになったりする歌は?
それは、Aさんのように感銘を受けるひとが大勢いただけ。
どんなに売れた曲でも「僕には合わないなぁ」とか「私はあまり好きじゃないの」とおっしゃる方々もいますよね。
自己満足であれば、歌なんて何でも良い。
事実、歌の起源は感情の吐露だと言われている。
コミュニケーションとしての言葉が成立していない前から、食べ物が手に入れば喜びの歌が、身内の死には鎮魂歌が、きっと歌われたことでしょう。
もちろん歌詞なんてありません。
最も古い楽譜は約2000年前。
セイキロス墓碑銘だそうです。
お墓に書かれた楽譜ですから、これも亡き人に送るレクイエム。
話を現代に戻し、商業歌謡には金銭が大きくかかわってきます。
作詞作曲にもお金が、著作物にもお金が、レコーディングにもお金が、CDや音楽ファイルの制作や販売にも莫大なお金がかかります。
そして、それに携わって生活をしている、つまり食べているひとが数多くいます。
よって、現代音楽にお金がかかるのは仕方ないでしょうね。
より多くを儲けるためには、より多くを売らなければなりません。
そのために、素晴らしい曲と極上の歌唱力が必要になってくる。
音楽にかかわるすべてのひとが芸術を愛するボランティアであれば、すべてのCDやコンサートは激安になるでしょう。〔必要経費と原価のみ〕
でも、それは無理。
やはり、皆それぞれ生活があるのです。
もちろん、お金だけでなく芸術性を追及している有名なプロ歌手をたくさん知っています。
ご安心ください。
おっと、内容が逸れていますね。
この問いのわたしの答えは常に同じ。
歌に上手い下手の問いは愚問であること。
あなたが商業歌手なら、他者を魅了する上手さを追求してください。
あなたがアマチュアや趣味なら、歌のレベルを考慮してもしなくてもどちらでもOK。
ただそれだけ・・・

e0146240_21425912.jpg






追記:それでも一般的に歌が上手いと言われる歌手の喉を徹底的に数多く調査してきました。その結果、①発声関与筋に柔軟性がある(スポーツに酷似)、②輪状甲状関節が正常に動いている(LDP亜脱臼状態で動いていないひとも多い)、③舌骨の奥にある咽頭共鳴腔を使いこなしている(音色と響きを作り出す最重要共鳴空間)の3点を必ず有していたことです。
by aida-voice | 2014-10-02 02:40