ロックこそハイレゾ音源で聴け!


PCM 192kHz/24bitやDSD 5.6MHz などのハイレゾ音源再生は、高尚なオペラや声楽だけでなく、ロックやラップにも適しています。
ロックのためのサウンドエンジニアによる秀逸なレコーディング作品が数多くあります。
その中の一つをご紹介しましょう。
1991年9月に発売されたニルヴァーナのメジャー・デビュー・アルバム「ネヴァーマインド」です。
世界で3000万枚のセールスを記録。
今なお多くのアーチストに強大な影響を与え続けています。
その「ネヴァーマインド」のWAV 192kHz/24bitがリリースされています。
ボーカルとバックミュージックの繋がりが絶妙で息を飲むほど!!!
構成も素晴らしく、パーフェクトアートの域に達しています。
さあ、皆さんもミラー効果を求め、より良い音源で、より良い音響設備で、徹底的に聴き込んでくださいね。

e0146240_95141100.jpg





追記:それでもクラシック音楽(協奏曲やオペラなど)のハイレゾも最高。それは、空間を感じるから。音と音の間、楽器音と声の間、これらが手に取るように感じられ、心を完璧に奪われます。例えばパヴァロッティ。e-onkyo musicで購入可能。是非お試しください。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-09-11 09:53