声の短問短答【続編】274


「歌手で有名になるには何をすればよいですか?」

わたしの専門は、声を出しやすくしたり声質を高めたりする施術を行うことです。
したがって、この分野は門外漢ゆえ簡単に。
多くの名高い歌手に出会い、わかった事実があります。
何より良い曲に巡り合うこと。
もし日本で売れたいなら。
歌唱力より、歌声の良さより、耳心地の良い曲(メロディやリズムなど)が重要になる。
この一言に尽きます。
これが流行るJ-POPの特徴なのです。
実は、日本では、クラシック音楽の世界でも同じ。
クラシックコンサートを行う際、知らない作曲家や聞いたことのない曲の演目ではなく、ベートーヴェンやモーツァルトなどの作品や誰もが知っている有名曲を選ぶと、お客さんが多く入ります。
良くも悪くも、お金が動く資本主義の現実。
あなたが商業シンガーになりたければ、一に曲、二に企画、三に歌唱力と達観し精進してください。
残念ながら、歌が上手いだけで売れる世界ではありません。
わたしの知り合いにも、歌唱力や声の良さはバツグンなのに、パッとしない歌手が大勢います・・・

e0146240_2593766.jpg





追記1:本文中の企画とは、エンターテイメントのこと。あなた自身や所属音楽事務所による売り出し方の力量が問われるカテゴリー。そう、現在活躍中のJ-POP歌手の多くは、アーチストと言うよりも一流のエンターテイナーと称するのが正しいのかも!?





追記2:商業歌手を目指す若者へのアドバイスです。できることなら、歌唱力【発声関与筋の運動能力と歌唱の技術力】を養うだけでなく、作詞・作曲も勉強してください。思いほか、歌一本で食べていく(生活する)のは大変なのです。一発売れるだけでも過酷を極めるのですが、さらに、長きにわたって活躍し続けるのは至難の業。そんなビッグアーチストは、ほんの一握りでしょう。そこで、作詞・作曲を手がけておけば、印税収入や副収入も期待できます。そう言えば、昔、同じようなお考えをブレスヴォイストレーニング研究所の福島英先生もおっしゃっていたのを記憶しています。繰り返します。これからプロを志す若い人は、是非、ソングライトも行ってください。

e0146240_4113827.jpg





追記3:この記事を読んで「ならば、J-POP歌手に歌唱力は必要ないの?」と問われました。イエス or ノーで答えるなら「イエス」でしょうか。前述したように、曲の良さと企画力さえあれば、かなり音痴でも大丈夫。相応の歌唱力は要りません。レコーディングに関しても、最近の音響機器は性能抜群ゆえ、上手く聴こえるよう修正してしまう。また、ライブやコンサートは、それこそ企画力で乗り切れる。まったく問題ない。しいて付け加えるなら、歌唱力があった方が、大勢から評価されやすくなることと、長く活動できる可能性が増すこと。そして、歌唱力を高めるには、喉の柔軟性と運動性が不可欠。なぜなら、発声は呼気を利用した運動〔スポーツに酷似〕だから。したがって、最終的に、あなたがどのような歌手になりたいかが最も大切なのです。わたしとしては、出来れば、聴くひとを魅了する歌声の本物のアーチストが一人でも多く活躍してくださればと願っています。日本音楽業界の未来のためにも・・・
by aida-voice | 2014-09-09 04:18