声における高音と低音の相互関係


多くの声を聴いてきました。
ここでの声とは『意見』の意味ではなく本当の『声(Voice)』のこと。
その結果、低音が豊かだからこそ高音が素晴らしい。
逆に、高音が美しいからこそ低音が活きている。
この公式が成り立っているような気がします。
音高パートがはっきり決まっているクラシック音楽〔声楽やオペラ〕に関しても同じ。
実際、世界で活躍するトップレベルのソプラノ歌手達のしゃべり声〔会話声〕が、案外、低い声であることに驚きます。
つまり、人が羨むような美声(歌声)を求めるなら、音域が広い方が良いとの結論に至ります。
皆さんも、ときどき音域を気にかけてみてくださいね。
イージーポイントになりますが、高音は輪状甲状関節と声帯ヒダの運動性向上、低音は共鳴腔拡大および声帯弛緩が、重要と存じます。

e0146240_1062442.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-09-07 10:06