声帯不正振動性嗄声の本態


最初に、嗄声(させい)とは、かすれ声のこと。
さて、この声帯不正振動性嗄声の原因の一つとして、感情的に大声を出した後、声がかすれて治らないケースが挙げられます。
耳鼻科で声帯に異常がなければ、発声関与筋の運動時の筋バランスが崩れている可能性が大です!
声帯は、自分自身で動かない。(縮んだり硬くなったりを除く)
声帯は、喉頭周辺の筋肉によって動かされているのです。
その筋肉のバランスが、ほんの少し狂うことで、呼気が漏れ出てしまします。
これが声帯不正振動性嗄声。
改善には、まず、外喉頭の動き具合を検査しましょう。
声帯ヒダを動かすための、どの筋肉が影響しているのか?
正確に探り出せば、ある程度の解決策は見つかりますよ!

e0146240_2256280.jpg





追記:片側の声帯筋萎縮、声帯粘膜過乾燥や声帯粘膜肥厚でも同じような様態の嗄声が生じます。
e0146240_22492049.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-06-23 22:56