アナ雪は歌いやすい!?


来院者から、アナと雪の女王の主題歌Let It Go(レット・イット・ゴー)のコツを教えてと頼まれました。
残念ながら歌のテクニックは研究していないため、明確にお答えできませんでした。
その後、ちょっと気になり、いろいろ考察してみました。
なお、この曲に対する歌唱の技術的な点ではなく、あくまで「発声は運動である」との見地から。
日本語吹替版で、作品中に松たか子さん、エンディングにメイ・ジェイさんが、英語版では、作品中にイディナ・メンゼルさん、エンディングにデミ・ロヴァートさんが、歌っているようです。
YouTubeに彼女たちの歌がありました。
聴いてみると、何より楽しかった!
音質は最良ではありませんでしたが、それぞれ個性的で、四人とも歌が上手く、実に見事でした。
どれか一つを選ぶのが難しい。
さて、彼女たちが歌っているPVを見ながら、楽譜を見ながら、身近な女性がこの曲を歌う喉の動きを見ながら、外喉頭や呼吸をじっくり観察。
その結果、このLet It Go(レット・イット・ゴー)は、ⅰ発声関与筋の複雑な動きが少なく、ⅱ発声関与筋の動きと呼気の流れが一致しており、ⅲ共鳴腔の一定維持が比較的容易である、と感じました。
つまり、ある程度、歌いやすいのではと思います。(曲中盤の急なハイピッチトーン部のみ注意が必要!)
試しに、知人に訊いて回ったところ、この曲を歌う一般人が多くいることもわかりました。〔カラオケランキングでも常に上位のようです…〕
上手い下手に関係なく、朗々と気持ちよく歌っているものと推測します。
加えて一度聴けば残るメロディも相まって、大勢が歌うのでしょう。
Let It Go(レット・イット・ゴー)は、本当に良く作られた素晴らしい曲ですね。
皆さんも、おおいに歌ってください!

e0146240_22422837.jpg




追記1:音程を下げ男性が歌うのもGOODです。案外、歌いやすいことに驚くはず。アナ雪は女子だけの歌ではありませんよ~。ほんの少しジャズっぽく歌うと効果的。さあ、男子も楽しんで!



追記2:TV番組(TBSいっぷく)で、May J.さんは「舌根を下げて口の中を大きくして歌うこと」をコツと挙げていました。彼女の言う舌根とは、発声運動学考察からの舌奥を指し、中咽頭から上咽頭の共鳴空間の拡大を表現しているものと思います。まさにご名答。素晴らしい歌唱センスですね!



追記3:舌根の正しい位置
e0146240_10174256.jpg






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2014-06-19 22:44