声の短問短答【続編】230


LDPだと舌が歯に当たりやすくなるの?」

今回こそ、このシリーズの趣旨に沿って短答で。
答えは、YES!
舌骨が深奥かつ上制した場合、舌を押し上げ、舌の回旋構造から、舌尖が歯裏に触れる可能性が出てきます。

e0146240_1153623.jpg



追記1:特に舌骨の上制には、顎二腹筋と茎突舌骨筋の筋硬度増加が大きく関与しています。顎二腹筋の起始は前腹-下顎骨の二腹窩、後腹-側頭骨の乳様切痕、停止は舌骨体。茎突舌骨筋の起始は茎状突起、停止は舌骨体(顎二腹筋の停止より小角近くに付く)。



追記2:ボイスケアにとって、この顎二腹筋と茎突舌骨筋の触り分けは絶対必須。なぜなら、舌骨の奥に咽頭共鳴腔があるから。正確を期するために、フェザータッチの触知能力を養わなければなりません。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-05-14 00:15