声の短問短答【続編】213


「軽度の吃音で困っています。各種病院や話し方教室に通いましたが一向に改善しません。そちらで何かできませんか?」

当サロンでは、言語聴覚士やボイストレーナーの元でスピーチセラピーを受けても改善できない吃音で困っている方々もお越しになっています。
発声テクニックではなく、発声を運動ととらえ、外喉頭の見地からでしたら、吃音の改善には、物療ではレーザー様赤外線照射と喉頭用低周波通電が、手技では舌骨上筋群へのピンポイントマイクロストレッチが、効果的であると判明しています。
そう、発声に関わる健常運動を惹起させるのが主な目的。
試す価値はあります。
ただし、残念ながら、効きに個人差が大きいため、全員が即時の解決とはなりませんが・・・

e0146240_3482465.jpg




追記:ボイスケアサロンでは吃音を改善させる直接的なプロジェクトはありません。外喉頭にリラクゼーションを与えたり、発声運動を促進させたりして、発声しやすくするのみ。まずは、実績のある言語聴覚士やボイストレーナーを探し出してください。先生によって改善度が異なるケースを多く見てきました。最優秀の先生を選びましょう。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-04-07 03:50