声の短問短答【続編】209


「歌っているとき息が足りなくなる理由は?」

●呼吸効率が悪いひと(肋間筋が使いきれていなかったり、肋椎関節の可動域が少なかったりするケースが多い)
●排気の絶対量が不足しているひと(欧米人に比べ日本人の胸郭は扁平ぎみで排気量が少ない傾向にあります)
●歌を特殊な行為と考えすぎているひと(喉頭の運動性を有していれば、歌はしゃべり声と同程度の呼気量でまかなえると知りましょう)
これらに該当するひとは、歌唱時に息が足りないと感じ、苦しそうに歌います。
余裕がありませんので、見苦しく、聴いていても感動力に欠けます。
改善には、①効率良い声帯振動を得るために外喉頭の柔軟性と運動性を高め、②肋椎関節の可動範囲を増やして歌唱用肺活量を増やす、ことが必須。
声にとって呼気は、車で例えるならエンジンに相当します。
小さくパワーの弱いエンジンでレースに参戦しても勝てません。
これと同じ。
あなたも歌謡世界のF1レーサーになってください。

e0146240_013993.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-04-02 00:14