声の短問短答【続編】202


「花粉症で鼻をすする行為がLDPの一因となるの?」

鼻をすする瞬間、外喉頭筋を硬くします。
その時、筋肉の縮むベクトルが後上方を向くため、深奥へ移動します。
何度も繰り返していると、筋収縮が常態化し、LDPが仕上がります。
声のためにも、鼻を強くすすらないでね。
可能なら、鼻はすすらず、出てきた鼻汁をティッシュなどで拭き取るのがベター。

e0146240_20193132.jpg




追記:逆に、鼻を強くかむと、舌骨上筋群の過緊張が起こります。そう、滑舌に悪影響。アナウンサー、声優、俳優、ナレーターなど、正確な発声を大切にしたいひとは、十分にお気を付けください。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-03-19 02:18