音声震戦症の方にGOOD NEWS




声が割れて困ったとき、

甲状軟骨の片側から母指腹で軽く圧を加えると、

声の割れが減り、

格段に声が出しやすくなります。




適切な場所、左右等、探し出しましょう。
なお、過度な圧による筋損傷にお気を付けくださいね。
当記事を読んで試し、事故を起こしても一切の責任を持ちません。
この方法に関しては、サロン防音室内でお尋ねください。
力の加減はひとそれぞれ異なりますので、通院中の音声震戦症疾患の方に限り、正確な圧力をお教えします。

e0146240_20345411.jpg




追記:当サロンでは声の病気の治療は行っておりません。外喉頭の運動性を上げ、声を出しやすくするアプローチです。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-03-16 01:32