最近のボイスケアサロンには著名アーチストが目白押し!


これまでタレントのJOY君や歌手の赤飯さん・GEROさんなどの喉頭や声の素晴らしさを何度もお伝えしてきました。
実は、いま、ボイスケアサロンには有名な歌手(オペラ・J-POP・演歌)・声優・俳優・歌舞伎役者・宝塚歌劇団・劇団四季の方々がお越しになっています。
皆さんの中にも、再診枠が一緒になって、横に居て驚いたり握手を求めたりしたひともいますよね。
しかし、喉ニュースでは、そのアーチストの内容を公表できません。
なぜ?
喉頭や声の評価を喉ニュースに載せる場合、まず、本人の同意はもちろん、所属事務所の許可がいるのです。
尋ねると、「會田先生の役に立つなら載せてもいいですよ。ただし、事務所がいいと言えば…」がほとんどの方の回答。
芸能界で話題を提供することは仕事であり、そこにはイメージ保護とギャランティー発生がかかわってきます。(大きな事務所ほど掲載が厳しいですね)
これこそがメジャーなプロフェッショナルである証拠。
あぁ、お伝えしたい著名アーチストがたくさんいますよ。
残念・・・

e0146240_1957276.jpg




追記1:トップアーチストの多くは、本番やレコーディングの発声力アップが目的ですね。ボイスケアの術後は、発声に余裕が出て、グンと声が良くなります。しかし、中には、変則的LDPの方もいます。これは、環境や体調によって喉頭の状態が変動するLDPですね。重篤でないケースが多いため、即時改善が可能です。(長期間のLDP保持の場合を除く)



追記2:当サロンにお越しになる芸能人の雰囲気は2種類。オーラ全開のタイプと、オーラを完全に消してくるタイプ。やっぱ芸能人ってすごいですね・・・






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-02-22 00:03