ヘッドマウントディスプレイ


映像音楽を楽しむ際、わたしはソニーのヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3Wを使っています。
当初は、3D映像によって、甲状軟骨のポジションを確認する目的のために、発売日(2013年11月23日)に購入しました。
幾度も幾度も試みましたが、残念ながら、このヘッドマウントディスプレイで喉頭の位置や高さを正確に判断することはできませんでした。
しかし、映像が立体的で深く、音場と画場が一致する瞬間は何ものにも代えがたい高揚感を得ます。
映像音楽をエンジョイするのはもってこいの逸品。
ただし、ある程度集中しないと3Dに見えないこと。
けれども、集中して見続けると目が疲れること。
そして、頭を動かすたびにディスプレイがずれてしまうこと。
この3つの難点はありますが・・・
e0146240_21134335.jpg
日本(ソニー)のテクノロジーの進歩に感謝します
まるでSFの世界です






追記:ソニーのヘッドマウントディスプレイHMZ-T3Wに最も相性抜群のヘッドホンはフォステクスのTH900でした。音と映像が絡み合い、作品の中へと引き込まれ、我を忘れます
e0146240_21285561.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-02-10 00:03