斜披裂筋の役割


斜披裂筋は、横披裂筋と共に、披裂軟骨を近づけることによって声門を閉じる役目があります。
輪状軟骨の関節窩の形状から考察すると、斜披裂筋は披裂軟骨のスライドと回転の補正を担当しているような気がします。
実際の精密な動きを感じたり検査したりすることは難しいのですが、摘出喉頭(解剖は医師)の輪状軟骨の関節窩と披裂軟骨を徹底的に触り尽くすと、何となく想像できます。
そう、斜披裂筋は閉鎖筋の一つですが、X状に筋走行しているのは、横披裂筋を助けるためなのかもしれませんね。

e0146240_22155021.jpg




追記:斜披裂筋の浅層存在と筋線維の様子からも本論が正しいと言える根拠の一要因になるかもしれません。横披裂筋と斜披裂筋のクロス状況を知るべし!






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2014-02-01 10:15