声の短問短答【続編】165


「ボイスケアで声はどのくらい良くなるの?」

評価が難しいところです。
ある音を、Aさんは「素晴らしい」と感じ、Bさんは「好きじゃない」と感じる。
こんなことが起こるのが当然の世界。
ここに芸術という言葉が存在するかもしれませんね。
さて、ボイスケアによって喉頭の運動性能が上がります。(喉頭硬化タイプの方は、まず、柔軟性を徹底的に獲得しなければなりません)
これは発声の容易性を意味します。
よって、声が良くなると言うより、声が出しやすくなって自由な発声が可能になると言った方が的を射ています。


e0146240_20164425.jpg





追記:ボイスケアと歌声の関係
歌に関して・・・
発声筋の柔軟性と運動性を完全に得れば、放っておいても勝手にうまく歌えるものです。(ただし他者を圧倒的に魅了するには最低限の歌唱技術は学ばなければなりません)






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-12-27 00:10