加湿器が災いの元だった!?


以前も加湿器の使い過ぎで声の不調を来した記事を書きましたが、同じような例が再びありました。
あるj女性歌手(30代)のお話。
喉の乾燥が顕著なため寝室や稽古場に複数の加湿器を設置し使用。
その結果、壁がべとべとになりカビが生える始末。
けれども、喉の乾燥は一向に良くならない。
何故?
加湿器に頼りきりになり、内喉頭を保湿する能力が低下するから。
最終的に、この歌手は自己分泌能力を失い、喉の乾燥がより酷くなったのです。
就寝時や稽古中の乾燥を防ぐには加湿器は重要ですが、過度の使用には十分ご注意くださいね。
ヒトの身体は、甘やかし過ぎてしまうと、せっかく持っている能力を放棄しだすケースが多々あります。
乾燥時は・・・
①水をこまめに補給する(おちょこ一杯分を5~10分おきにくゆらせながら飲む)
②首周りの体操やストレッチを行う
③外喉頭を冷やさない(外出時にはマフラーやストールを巻く)
④キャンディをなめる
これらが有効です。
また、LDP のひとは甲状軟骨舌骨間が狭くなり、上喉頭動脈の血流が減って、声帯や内喉頭への分泌液が少なくなることが判明しています。
つまり、LDP によって喉の乾燥が増悪してしまうのです。
乾燥は、LDP の特徴の一つに挙げられます。
なお、手前味噌ですが、天然水もキャンディも、当サロン特製品をお薦めします。-苦笑-

e0146240_20211557.jpg




追記:ホットヨガのインストラクターもこのケースに似ている。長時間、高温多湿で発声を繰り返すため、喉の乾燥が酷くなります。十分お気を付けください。
by aida-voice | 2013-12-26 00:18