声の短問短答【続編】149


「日本音声言語医学会に所属しているとのことですが発表しないのですか?」

根本的な事実があります。
それは・・・『お医者さんはお医者さん同士が好き』の一言。
日本音声言語医学会はお医者さんの構成する世界。
いくら国家資格とは言え、わたしのような柔道整復師には、入る隙間がないのです。
結局、医師でなければ、どんな正しい論理を発しても、聞く耳を持っていただけません。
唯一、京都大学名誉教授の一色信彦先生だけは、こんなわたしを信用してくださいました。
この医学会に入会できたのも一色先生のおかげです。
また、京都の一色クリニック形成外科・耳鼻咽喉科(現在閉院)内に外喉頭外来を創設してくださり、月2~4日程度、専門施術を行っていました。
喉頭クリニカルマッサージの名付け親でもあります。
本当に可愛がっていただきました。
その恩返しとして一度だけ発表しましたが、それ以降は、送られてくる学会誌に目を通し、ときどき学術大会でお医者さんのご高説を拝聴するだけ。
この先、一色先生のような大きな視野と進取に富んだ医師に出会ったとき、もしかすると発表するかもしれませんが・・・

e0146240_21251167.jpg





追記:なお、楠山敏行先生〔東京ボイスクリニック品川耳鼻いんこう科の院長〕にも懇意にしていただいております。多くのドクターは医師の地位をふりかざして威張り散らしますが、楠山先生は非常に謙虚で、人品が誠に優れています。優秀な頭脳〔超難関の慶応大学医学部卒〕で深く洞察された会話が、わたしは大好きです。
by aida-voice | 2013-11-26 06:22