声の短問短答【続編】145


「最近、動画や録音の投稿が少ないのはなぜ?」

よくぞ訊いてくださいました。
答えは簡単。
皆さんの聴き取り環境や再生状況が異なるからです。
音の極微細な違いを聴きわけていただきたいのですが、例えばPCに内蔵される小さなスピーカーとハイエンドのスピーカーでは聴こえ方が違ってくるのは自明の理。
以前、投稿した動画で、術前と術後に録音した声を載せたところ「変わらないじゃないか!?」との感想を多数いただきました。
その中の一人と会うチャンスがあり、音声音響研究所のシステムで聴き比べていただいたら「なるほど、こんなに違うんだぁ・・・」と感心していました。
当サロンでは、可能な限り、良音収録の努力を惜しみません。
しかし、やはりナマの声(歌声)や最良の再生機器で聴かなければ、微細な音の表情を判別できないと考えています。
そのため、現在、動画や録音の投稿は控えているのです。
ご理解ご了承くださいませ。

e0146240_2053044.jpg




追記:出なかった声が出るような劇的変化ではなく、声の響きが増したり艶感が豊富になったりと、傾聴しなければわからない程度の変化を扱っています。そう、徹底的に声の質にこだわっているから。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-11-21 00:04