新しいヘッドホンアンプ


最近、音声音響研究所に ALO audio The Pan Am Black が搬入されました。
真空管とトランジスタを採用したハイブリッド型アンプ。
ヘッドホンをとっかえひっかえガンガン聴き込みました。
中音域の厚みと柔らかさがステキ。
解釈しやすい広さの音場。
細やかなムラが芸術色を醸し出す点は、やはり真空管の味わいですね。
気になる点としてノイズを拾いやすいためオーディオ用電源ボックスを使用すると良いでしょう。(音声音響研究所ではクリプトンとオヤイデを使用)
私的感覚によるベストマッチングはAKG-K702でした。
ボーカルの低音から高音までの滑らかさは他を一歩抜いていました。

e0146240_2292945.jpg


e0146240_2294542.jpg





追記:すべてのオーディオ機器を自腹で購入し、時間をかけ圧倒的に聴き込んでいます。メーカーからの援助もありませんので、音評価は個人の感想ですが、かなり信憑性はあるとお考えください。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-11-14 15:08