声の短問短答【続編】141


「のどに野球のボールが当たったとき起こりえる状況は何ですか?」

喉頭外傷に纏わる重篤な症状から順に可能性を全て挙げてみましょう。
① 両側反回神経断裂による呼吸困難
② 甲状軟骨変形による発声困難
③ 舌骨骨折による嚥下困難
④ 片側反回神経断裂または圧挫による声帯運動麻痺
⑤ 外喉頭筋の筋断裂による疼痛
⑥ 輪状甲状関節脱臼による高音発声不能
⑦ 喉頭深奥強要による圧迫感と痛み
⑧ 外喉頭筋膜損傷による喉の違和感
⑨ 外傷後の努力発声によるLDP
⑩ 皮下出血の瘢痕癒着による発声力低下
このような症例があります。
やはり、声が出し難くなったり、痛みや違和感が長く残存したりします。
実際、外傷による輪状甲状関節脱臼(亜脱臼)や輪状甲状筋挫滅のケースを何度も診ています。
また、他の原因として、交通事故、転倒、武道、ケンカ、絞首などがあります。
十分お気を付けくださいね。

e0146240_2051586.jpg





追記1:当サロンでは、過去に、①を除き、②~⑩までは対処した経験が数々あります。①は完全にお医者さんの世界。新鮮例では、まず外傷処置(整復や固定)を施し、②~④は代償性運動(本来の目的ではない筋肉の運動性を高める)によって、⑤~⑩は受傷後管理(リハを含む)を徹底し、改善を目指します。※まずは、優秀な耳鼻咽喉科や頭頸部外科で診てもらいましょう。





追記2:生まれつきの喉頭奇形に関しては、存在筋と可動可能筋を検査や触診で見つけ出し、発声運動の能力を上げていく方針です。




追記3:ボイスケアサロンの施術は医療ではありません。そのため健康保険も医療費控除も適応されません。




追記4:摘出した甲状軟骨の変形度合いを示指と中指で挟んでチェックしている様子の絵図 〔米国メイヨークリニック喉頭機能外科教室にて(解剖は医師による)〕
e0146240_23484826.jpg

by aida-voice | 2013-11-14 01:30