みんなが忘れている大切なお話


低音が凄いからこそ高音が活き、高音が綺麗だからこそ低音が豊かに聴こえる。
この事実を忘れないでください。
ヒトって、単調な一定刺激に弱い動物。
息を飲むような変化があってこそ、感動に打ち震える音声として感じるのです。
あなたは金属的でつまらない高音や沈んだ暗い低音がお好きですか?

e0146240_21103825.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-11-13 00:12