LDP を克服した方からのメッセージ


関西方面からお越しになる美しい女性です。
完全な LDP で、初検時は58Tone、グライディングテストによるクリック音も大、さらに輪状軟骨の頚椎方向圧迫による咽(むせ)もありました。
初回の施術によって38Toneまで降下したため、優秀な運動性と感覚を持っていることを確信し、改善可能と判断しました。
その後数回のアプローチで喉の詰まりも寛解。
この先、幸せにお暮しできるよう心より願っております。






あいだ先生、こんにちは。
いつも、本当にありがとうございます。先生に出会えて、私の喉は劇的によくなりました。感謝してもしきれません。。

私は高校生の頃から、声がでにくい症状に悩み続けてきました。常に喉を誰かに押さえつけられているような感覚があることや、一番苦しかったのは、急に声がかすれてきて、翌朝ヒューヒューと声が全くでなくなり、筆談を2週間ほど続けていたらやっと小さな声が出るという症状が不定期になることでした。会話ができない。。よくなっても、またいつこうなるかわからない。。一生私は話すことができなくなるのではないかと精神的に追い詰められていました。
様々な病院へ出向き、声帯をみてもらっても異常なしと言われるばかり。途方にくれながら探し続けて、やっとの思いでたどり着いたのがボイスケアサロンでした。
先生に会って話をきいてもらうと、治るよ!安心して!と笑顔で言っていただき、希望が持てる!と本当に嬉しくて、先生の前でポロポロ泣いてしまったのを覚えています。何度か通ううちに、劇的に改善していき、今では普通に声がでるようになりました。この普通のことのありがたさを噛み締めながら、日々楽しく生活しています。これからもいい状態を維持していきたいと思いますので、よろしくお願いします!




e0146240_7195144.jpg





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-09-27 05:33