声の短問短答【続編】121


「長時間、より良く声を使うためのポイントがあれば教えてください」

まず、声の本質を知ってください。
声は音です。
音は空気の振動です。
振動の根本は響きにあります。
そこで、長時間声を使ったり歌ったりする場合は、声を出す概念を捨て、響きだけに特化して発声すると、各筋肉への負担が少なくなります。
意識する場所は“咽頭共鳴腔”!
音色や響きが大きく決まる重要な場所。
物理的に「胸で響かせて」「頭が鈴にように鳴る」は間違い。
もちろん、胸や頭で振動を感じ、そこから音が出ているように思うのは自由です。
しかし実際に響きや倍音を形成しているのは5つの共鳴腔。
その中で最も大切なのが咽頭共鳴腔なのです。
大きさや形状を変化させることで、さまざまな音を作り上げることができる空間。
良声にも駄声にも成り得る。
ヒトは咽頭共鳴腔の空間構成に対する感覚を持っていませんが、“声を出す”と言うより“響かせる”ことに意識を集中すると、この咽頭共鳴腔を使いこなしやすくなる事実が判明しています。
咽頭共鳴腔を適切に使うことで、ボリュームやリズムに対し、喉頭や声帯の負担が激減します。
つまり、長時間、発声していても疲れにくくなる。
繰り返します。
“声を出す”と言うより“響かせる”ことに意識を集中してください。
咽頭共鳴腔を活用しましょう。
これによって、美声のまま、長くしゃべっても、数多く歌いこんでも、疲れ知らずになりますよ。

e0146240_17524939.jpg

by aida-voice | 2013-09-03 00:03