声の短問短答【続編】110


「声には胸鎖乳突筋が大切だって聞いたんですが確かでしょうか?」

胸鎖乳突筋は発声関与筋に属しません。
役目が異なります。
この筋肉は、胸骨柄と鎖骨内側から側頭骨と喉頭骨の一部へ向かい、頭の回旋や屈曲および胸郭の持ち上げなどを行っています。
顎を肩に近づけるよう首を回すと、大きく浮き上がる筋肉ですね。
したがって、声に胸鎖乳突筋が大切である事実はありません。
ただし・・・
過去にも記載しましたが、関与するケースがあります。
それは、交通事故でむち打ち症になった患者さまから発見されました。
胸鎖乳突筋が腫れ、喉頭外側部に圧が加わり、運動性が落ちたことと上喉頭動脈の血流量が減少し、高音が出なくなったテノール歌手がいらっしゃったのです。
むち打ち症の回復と共に高音が出るようになった経緯からも、声に関与はしていますね。
逆に、胸鎖乳突筋を鍛えたら声が良くなったとの報告例には遭遇していません。

e0146240_10561752.jpg

by aida-voice | 2013-08-08 10:56