声の短問短答【続編】110


「声には胸鎖乳突筋が大切だって聞いたんですが確かでしょうか?」

胸鎖乳突筋は発声関与筋に属しません。
役目が異なります。
この筋肉は、胸骨柄と鎖骨内側から側頭骨と喉頭骨の一部へ向かい、頭の回旋や屈曲および胸郭の持ち上げなどを行っています。
顎を肩に近づけるよう首を回すと、大きく浮き上がる筋肉ですね。
したがって、声に胸鎖乳突筋が大切である事実はありません。
ただし・・・
過去にも記載しましたが、関与するケースがあります。
それは、交通事故でむち打ち症になった患者さまから発見されました。
胸鎖乳突筋が腫れ、喉頭外側部に圧が加わり、運動性が落ちたことと上喉頭動脈の血流量が減少し、高音が出なくなったテノール歌手がいらっしゃったのです。
むち打ち症の回復と共に高音が出るようになった経緯からも、声に関与はしていますね。
逆に、胸鎖乳突筋を鍛えたら声が良くなったとの報告例には遭遇していません。

e0146240_10561752.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-08-08 10:56