neroさんのCD「monochrome」がすごい!


毎週、リリースされたCDや音楽ファイルが数々手元に届きます。
頂き物であったり購入したり試聴を依頼されたり・・・
その中で先月、nero(ネロ)さんから頂戴した「monochrome」が素晴らしかったのでご報告申し上げます。
いつもの如く、CDをWAVに変換し「それでは聴いてみよう」と、J-POPボーカル用通常リファレンスオーディオ機器として用いているダイナブック経由でエソテリックのアンプによって増幅した電気信号をオヤイデのスピーカーケーブルを通してタンノイのスピーカーで音を出しました。
その瞬間!
「おぉぉぉ、甘美な声だ」と絶句。
そして、黒うささんプロデュースの生演奏と相まって、じんわり心に染み込む出来映えに感銘を受けました。
全曲一通り聴いた後、もう一度すべて聴き込みました。
さらにもう一度。
そして、アンプをトライオードの真空管に変え、スピーカーをソナスファベールにしたところ、音声がいっそう際立って美しくなりました。
そこで、もう一巡聴きました。
もっと試したくなりました。
ゾノトーンのスピーカーケーブルを使用し、もう一回全曲。
この日だけで「monochrome」5回も聴いたのです。
「素晴らしい…」「もっと聴きたい…」と感じ、翌日から今度はヘッドホンで試すことに。
neroさんの極上の喉頭は熟知しているため、彼の声に見合ったシステムを150通り作り、それぞれ評価データ(自分用簡易コメント)を作りました。
ヘッドホンは、①AKG K702、②SHURE SRH1840、③Beyerdynamic T1、④Beyerdynamic T5p、⑤FOSTEX TH900、⑥SENNHEISER HD800、⑦ULTRASONE edition8 Ruthenium、⑧ULTRASONE Edition10、⑨ULTRASONE edition12、⑩AUDEZ'E LCD-3
ヘッドホンアンプは、①Lehmann audio Black Cube Linear USB、②LUXMAN DA-100、③FOSTEX 32bitDAC HP-A3
USBケーブルは、①SUPRA、②LUXMAN、③AIM、④Audio Quest、⑤WIRE WORLD
と同時に、neroさんに超感動した旨を伝えました。【留守電】
その後も聴き込み、結局、いつもながら気に入ったCDは100回以上聴いてしまいますね。
そうです、良い歌声は飽きないのです。
『聴者を飽きさせないこと』
これも長く愛され活躍する一流歌手になる絶対条件の一つ。
日々、述べている教訓ですよね。
さて、以下が、個人的に選んだ推奨ヘッドホンシステムです。
ヘッドホンはウルトラ―ゾーンのエディション10、ヘッドホンアンプはフォステクスのHP-A3、そしてUSBケーブルはAIMとなりました。
当該システムをneroさんに聴いていただきました。
そのとき記念として撮った写真を最下に供覧します。
neroさんの喉頭の運動性(発声力)は以前に増して向上しています。
つまり、この先も一段と良くなっていくのは当然至極。
他者の追随を許さないほど美しく甘くセクシーな美声を完成させる日は間近でしょうね。
本当に楽しみです。
neroさんのますますのご活躍を心よりお祈り致します。

e0146240_13473054.jpg





追記1:neroさんのCDに関する情報です。公式HPはnero projectです。またCD「monochrome」はアマゾンでも購入できます。お知らせまで。




追記2:ウルトラゾーンのエディション10よりエディション12の方が適合しているのではないかと知人のオーディオマニアから尋ねられました。確かにゴールドプレイテッドのドライバーはチタンプレイテッドのドライバーよりウエットな感はありますが、neroさんの声質と粋な伴奏を同時に活かせるのは後者と判断しました。もう一点、彼の秀逸な咽頭共鳴腔の構造や性能も参考にすべきでしょう。neroさんのハイクオリティボイスとエディション10のやや硬質な美音が調和し、鮮烈でありながら穏やかで耳心地の良いサウンドが、聴くひとを魅了します。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2013-08-04 00:01