喉の損傷が多い理由!?


最近、喉頭の筋肉を損傷する方が多いニュースをお伝えしました。
なぜ、この夏に喉の筋損傷が多いのか?
推測の域を出ませんが、猛暑によって汗をかき、細胞内のカリウム濃度が低下し、筋力の低下や筋肉痙攣を起こしやすい状態になります。
そこで、無茶な発声や過度なストレッチによって、喉頭の繊細で小さな筋肉たちは傷ついてしまうのではないかと考えます。
四肢躯体の筋肉と異なり、①運動感覚が希薄、②筋腹の薄い筋肉が多い、③拮抗や補完する作用が明確でない、などの特徴があるため、一言で申せば“弱い”のです。
この暑い季節は、ミネラルバランス(カリウムのほかにもナトリウムやカルシウムも大事ですね)を考慮しながら水分補給されることをお薦めします。

e0146240_11301714.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2013-07-21 11:30