かすれ声の芸術


勝手な私的空想になりますが、美術で例えるなら、実声を重んじる歌声は写実主義(ダビンチやミケランジェロなど)、かすれ声を多用する歌声は印象主義(ゴッホやゴーギャンなど)に似ているのではと考えます。
この二つは異なる傾向にありますが、どちらが立派などと決められるものではありません。
あなたが好きな作品を選べば良いのです。
あなたが好きな画家を信じれば良いのです。
声も同じ。
声帯同士がピタッと合った堅実で朗々とした歌声もカッコいい、声帯の隙間からの息漏れが混ざったセクシーな声の歌もステキ・・・
要はあなたが評価するのです。

e0146240_1215864.jpg




追記1:かすれ声を嗄声(させい)と称します。健康に問題ない程度の嗄声はたくさんありますが、病的な嗄声(声帯炎、声帯結節、ポリープ様声帯、反回神経麻痺、逆流性食道炎、喉頭癌など)もありますので、急にかすれ声が現れた場合は、まずは優秀な音声専門耳鼻咽喉科へどうぞ。




追記2:「地声と裏声」と「実声とかすれ声」の関係を知り、そのコントロール法を習得すれば、声質の表現力はグンと増します。ヒントは、①声帯筋と声帯粘膜の使い分け、②かすれ声とファルセットの緻密な関係、③エッジボイスとのからみ、でしょうか…。そう、かすれ声は思い通りに制御できるのです。ご活躍をお祈り申し上げます。
by aida-voice | 2013-07-10 09:20