歌(カラオケ)も見た目が大事!?




こんな実験をしてみました。
歌の上手な方と苦手な方に同じ曲を歌っていただき、その様子をビデオで撮影します。
ビデオカメラを三脚固定し、同じ位置で同じアングルで、イントロから曲終了まで撮ります。
つまり同条件。
撮影した動画から音声をミュートします。
その二人の動画を10人に見てもらい「どちらが歌がうまいと思いますか?」と尋ねる。
もちろんこの10人は歌った人物と面識がなく、曲名も教えません。
すると・・・
結果、10人中9人が「こっちじゃないかな!?」と示したのが、まさに歌のうまい方なのでした。
数値に驚き、ふと、2005年に出版され、ミリオンセラーを達した書籍『人は見た目が9割』(新潮社:竹内 一郎著)のタイトルを思い出してしまいました。
答え合わせした後「なぜ、こちらを選んだのか?」の質問に対し、「何となく」が3人、「自信がありそうに見えた」が3人、「姿勢が良い」「体の芯がぶれていない」「マイクの持ち方が良かった」が各1人でした。
歌い手を変えて多くの動画で検証すれば、この比率は変化する(予想では下がる)でしょうが、それでも単発で行った面白実験が9割になるなんて…
思惑以上でした。
よって、歌うときの見た目も大事であると言えるかも???






e0146240_1747327.jpg







追記1:カラオケに行ったら、是非、うまいふりをして歌ってください。とくに大人数や初めて一緒に行くひとがいる場合(合コンなど)。ヒトは第一印象で決めやすいもの。そして、自分の下した思いや判断を簡単に変更したがらないのも特徴。




追記2:モノマネも見た目が大事なようです。あるモノマネ上手の知人に「モノマネしている対象人物を明かさず、顔や仕草のマネを止め、声だけマネてやって」と頼みました。すると、かなり有名なタレントや歌手のマネにもかかわらず、わからなかったりピンとこなかったりしたのです。その後に対象人物を知ったうえで、動きも付けたパフォーマンスでは「おぉ、似ている…」と絶句した経験があります。






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-10-11 06:41