声の短問短答【続編】91


「正中輪状甲状靭帯と弾性円錐の違いは何ですか?」

どこまでが正中輪状甲状靭帯で、どこからが弾性円錐であるとの判断が難しい存在ですよね。
基本的には同じ種類に属すと考えて良いでしょう。
摘出喉頭の触診研究では、正中輪状甲状靭帯は厚く、弾性円錐はやや薄いとの感じました。
輪状甲状関節の動きに応じて正中輪状甲状靭帯は大きく伸ばされたり撓んだりします。
筋肉ではないため自己収縮もありません。
甲状軟骨と輪状軟骨を繋ぐ強靭な組織。
もし、正中輪状甲状靭帯と弾性円錐が無かったら、喉頭はバラバラになってしまいます。
お務め本当にご苦労様です。

e0146240_6482331.jpg



e0146240_6485011.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




by aida-voice | 2013-06-06 00:34