声の短問短答【続編】80


「ASKAさんの声って変わったの?」

以前と最近の歌の同一部の歌声の周波数を比べてみました。
何度か試しましたが、大きな変化はありませんでした。
つまり、これは聴こえ方の問題。
予測となりますが、最近のお姿を拝見すると、やや太られたような・・・
これらと、声質の状態から、声帯ヒダの膨張と共鳴腔空間構成の変化が考えられ、質問者様が感じたような声〔以前より嗄声が増した〕になったのかもしれません。
彼の個性的かつ秀逸な歌唱テクニックは健在ゆえ、測定データは変わらないのでしょうね。
私事ですが、90年代前半、チャゲ&アスカのコンサートに出かけた楽しい記憶があります。
ファンから長く愛されるASKAさんは、いつまでもステキですね。

e0146240_8355878.jpg




追記1:ちなみに、わたしはカラオケで「MOON LIGHT BLUES」をよく歌います・・・



追記2:平成25年6月12日、ASAKAさんが一過性脳虚血症に罹患したとのニュースが飛び込んできました。早期のご快癒を心よりお祈り申し上げます。



追記3:2014年5月21日の記事で、ASKAさん逮捕に関する内容を掲載しました。原因は薬物だった!!!





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




by aida-voice | 2013-05-24 00:01