声の短問短答【続編】79


「声帯ヒダの膨張によって声はどう変わるの?」

声帯ヒダの膨張〔浮腫〕によって・・・
①声帯そのものの重量が増し、ⅰ振動効率が低下してコントロールが難しくなる、ⅱ低音化傾向となる、ⅲポリープ様声帯に罹患しやすくなる(声帯筋からの出血が声帯粘膜直下に溜まるため)
②声帯粘膜の厚み(可振部)が減って、高音ファルセットが出辛くなる
③声門が開き、息漏れや嗄声が起こる
これらの可能性が予想されます。

e0146240_18182613.jpg
声帯ヒダ矢状断面模式絵





追記:原因としては、①急に太る、②LDP、③が挙げられます。身体が太れば声帯も太くなってきますからね。また、LDPにより甲状軟骨舌骨間が狭くなり上喉頭静脈が圧を受け、正常な血流を阻害され、声帯の浮腫が促進されます。その他に喉の病気もあります。この場合は優秀な耳鼻咽喉科医にご相談ください。





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。



by aida-voice | 2013-05-23 00:02