声の短問短答【続編】62


「ストレートネックはLDPになりやすいの?」

そのように指摘する専門家もいるようですが、正確にはわかっていません。
絵図をご覧ください。
e0146240_17124857.jpg

左が正常な頚椎、右がストレートネック。
簡易図をデフォルメして描きました。
頚椎は7つあり、前弯して頭部を支えている特徴があります。
喉頭(舌骨と甲状軟骨)は、主に茎突咽頭筋〔青線〕と茎突舌骨筋〔赤線〕によって吊り下げられています。
これを懸垂機構と称し、その他に顎二腹筋やオトガイ舌骨筋なども存在します。(ここでは割愛)
ストレートネック状態により、見た目の喉頭の位置が深くなります。
そう、見た目!
これによってLDPと判断するのでしょうが、実際は頚椎前縁との距離によってLDPが判断されますから、ストレートネックだからと言って一概にLDPだとは断言できないのです。
なおLDP(喉頭深奥ポジション現象)は、①外皮からの様子、②グライディングテスト、③筋硬度、④本人の喉の詰まり感、⑤声の状態(LDPの場合は篭った閉塞的な声になる)、の5項目の検査基準によって判定します。




追記:グライディングテストや筋硬度などは、目次集か行(が行)2で調べてくださいね。





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。



by aida-voice | 2013-04-03 07:18