夢を掴め!


「そちらに数回通いました。しかし、メジャーデビューの夢がかなわなかったのですが・・・」

メジャー歌手になれなかったのは誠に残念です。
新規でお越しになった際、文書と口頭でお伝えしますが、再度、当サロンついてお話しします。
発声をスポーツと捉え、喉頭環境を整備したり、発声基礎運動能力を高めたりするのが役目。
歌のテクニックは教授しておりません。
「歌が上手くなるのではなく、歌うことが楽になる!」に尽きます。
この言葉に含まれる様々なポシビリティを正しく解釈してください。
きっと、喉頭環境の整備の重要さ、発声基礎運動能力の大切さを、おわかりいただけるはずです。
また、あなたは計3回の施術をお受けになりました。
初検の筋硬度が60Tone以上、中等度以上のLDP(病気でなく長年の癖)、高音発声時過緊張(ハイラリンクス状態)、不良姿勢による呼気効率低下、顎関節の片側開口不全、など諸々発覚しました。
これらを3回のアプローチで完璧に改善し、かつ、発声能力を劇的に高め、さらに潜在的歌唱力を引き出し、即時にメジャー歌手として人気を得ることは不可能です。
他のスポーツで例えるなら「3回の基礎ストレッチやスポーツマッサージを受けたら、すぐにプロ野球選手で大活躍できる」となります。
これは絶対にあり得ません。
元々の超天才でない限り、無理!
この点をご理解いただき、さらに精進してください。

e0146240_2292099.jpg






追記:実は、この記事は2年程前に書いたもの。投稿せず寝かせておきました。その後の経緯もありましたので報告します。この質問者には、上記内容をじっくり伝え、ご納得いただきました。その後、1年半、喉頭環境を整えることに専念したのです。筋硬度も20Tone以下、LDPもハイラインクスも改善、加圧呼吸トレーニングで肺活量はグンとアップ、顎の突き出し運動を積極的に取り入れ改善…、舌骨部の深奥化だけはやや残っていましたが、声質が本当に良くなりました。周囲から「声が良いね~」と、歌声だけでなく、しゃべり声も高評価を得るようになりました。よく努力して通いましたね。加えて、優秀なボイストレーナーに付いて歌唱力も磨きました。その結果、昨年末、ある大手音楽事務所と契約が成立したのです。夢に手が届く位置まで来ましたね。お見事です!





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。



by aida-voice | 2013-03-29 00:30