見てわかるだろうか?《輪状甲状関節の動き》 問題編

Past Article Reorganization 


ピッチコントロールを得意とする女性にご協力いただきました。
会話声中音域、低音域、高音域の3種を交互に発声してもらい、そのときの喉を写真撮影するもの。
さらに輪状甲状関節が動いているかどうかも触診しました。
なお、音高を定めるためキーボードを使用。(最近のキーボードは優れていますね)
差は4オクターブを設定。
輪状甲状関節の動きを最優先させるため、音楽的要素は求めません。
出しやすいピッチを自分で決めて、常に同音を発します。
最初に触診結果をご報告しておきましょう。
●輪状甲状筋の触診が可能
●輪状甲状筋垂部と斜(直)部は離れて存在しているのか重なっているのかの判断は難しいが、斜部の筋腹が発達している(急峻な音高変化に耐えられるはず)
●輪状軟骨の側体の様子から輪状甲状関節窩の面積が広いものと推測(関節可動域が増えピッチ範囲が広い)
●他動的に輪状甲状関節を動かすことが可能(正常に機能している)
したがって、この方の輪状甲状関節は順調に動いています。
それを外皮から判断できるかどうか・・・
A・B・Cは中音・低音・高音のどれだと思いますか?



e0146240_17181387.jpg
 

e0146240_17182712.jpg
 

e0146240_17184365.jpg
 





答えは ☞ 解答編  






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 



 
by aida-voice | 2016-08-28 08:18