ボイスケアサロンはエルブジと似ている!?


皆さんはエルブジを知っていますか?
スペインの超有名な高級レストラン。
料理長はフェラン・アドリア氏。
ミシュラン三ツ星を何年も取り続け、地上で最も独創的なキュイジーヌと称されています。
世界中から食べに来るため、予約が簡単に取れない。
その原因がもう一つ。
このレストランの特徴は、営業日数が年の半分だけ。
そう半年はお休み。
レストランは休業中、料理の研究に充てているそうです。
新しいレシピを試したり世界中の美味しい料理を試食しに行ったり。
この熱心な活動あってこそ、世界レベルのレストランが生まれ、そして、維持しています。
実は、ボイスケアサロンも同じ考えを持っています。
ひと月の半分、および、2月と8月は、喉・声・歌の長期研究と触診訓練に明け暮れます。
この行為あってこそ、皆さんに最旬の情報をお伝えでき、最先端で最高の施術(アプローチ)をご提供できるのです。
サロンの運営だけを考えれば、わたしは経営者として失格。
皆さまからいただいた施術費の6割以上を研究開発費に回し、一年の半分以上は営業していない…
自分でも「よくぞ生活できているな」と思うほど。
それでも、声(歌声)が大好きなので、エルブジと同じ志であることを誇りに、毎日の研究や実験に勤しんでおります。
ボイスケアサロンは、ますます進化し続けます。

e0146240_15522812.jpg




追記1:ボイスケアサロンは、一年のうち約150日しか営業していません。215日が、わたしの研究日なのです。研究できる時間と環境に感謝します!



追記2:エルブジの料理は独創的かつ前衛的すぎて賛否両論。何はともあれ、新しいチャレンジを恐れない姿勢は評価に値します。わたしは行ったことはありませんが、親友(スイス在住)が食べてきました。彼曰く「アートを食した…」と。この先、わたしも同じパイオニアの意志を持って、イバラの道を駆け昇る所存です。
by aida-voice | 2013-02-12 00:08