声の短問短答【続編】46


「そちらでの施術直後、声が出し難くなったのですが、なぜですか?」

それは、硬い動きが、急に柔らかくなって、どう動けば良いのかわからなくなるためです。
頻度は多くありませんが、以下のひとにときどき見受けられます。
①強度のLDP
②長年にわたる過緊張発声
③痙攣性発声障害
筋硬度計の数値が概ね65トーン以上ですね。
それでも、正しい発声には喉頭周辺筋の柔軟性が必要ですから、複数回の施術でどんどん馴染んできます。
そうすれば、逆にアプローチ後は声が出しやすくなります。
そして、その感覚を喉が覚えれば、発声は自由になります。

e0146240_2023350.jpg





追記:当サロンでは、歌手や声優に対し、発声関与筋の筋トレを行うことがあります。そう、喉と声のスポーツジムのようなもの。筋肉の脆弱な方は、後日、筋肉痛が生じることもあります。これは乳酸の代謝障害ですよね。数日で解消しますのでご心配なく。順次、強化された筋肉が正しく動き始め、良声へといざなうでしょう。





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。



by aida-voice | 2013-01-28 07:01