ミラー効果の続話 沢田研二さんの歌マネ


ミラー効果の成果がもう一つあります。
わたしの小学生高学年のころから、ザ・タイガースおよび沢田研二さんに憧れ、真似ていたのを思い出します。
レコード〔ドーナツ盤〕が擦り切れるほど聴き込んで、とくに「危険なふたり」と「時の過ぎゆくままに」は二枚目を購入した記憶があります。(小学生当時、親から与えられたステレオやレコードプレーヤーは廉価な品で、あまり良いレコード針を使用していなかったのが一因かもしれませんが…)
その結果・・・
中学生のある日、レコードを大音量で聴いていたところ、階下の祖母に「いま歌っていたのは茂樹かい?」と、沢田さんの声をわたしと聞き間違えたのでした。
これは嬉しかったですね。
それと、もう一話。
その後、成人を迎え、20代前半のことです。
当時は、まだカラオケが普及しておらず、もし歌うなら8トラックが置いてあるスナックしかありませんでした。
それもレアな時代。
先輩に連れられ、スナックで沢田研二さんの歌を歌いました。
ママから「上手いわね~、沢田研二そっくりじゃない」と褒められました。
お世辞とはわかっていても、ほくそえんでいたことを懐かしく思い出します。
小中学生の時代にミラー効果なんて知る由もありませんでしたが、思い返すと、やはりミラー効果って『あり』ではないかと感じ入っています。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2013-01-10 12:04