甲状腺癌手術後の声に対するアプローチ


Past Article Reorganization 

患者さま〔40代男性〕のご許可をいただき掲載します。
御礼申し上げます。
お越しになったときの経緯および状況を列記します。
箇条書きで失礼いたします。
●甲状腺癌に罹患し、甲状腺を全摘
●リンパにも癌転移していたため廓清
●左反回神経麻痺
●左の声帯を中央に寄せる手術
●嗄声(かすれ)が酷い
●ささやき声様の小さな声量
●首がつっぱる
その際の外皮の写真を供覧します。
e0146240_11455323.jpg
 

繊細かつ正確な触診で以下の様態がわかってきました。
これも箇条書きでご報告します。
●手術創部の瘢痕および癒着が広範囲に存在
●程度は順に左創部、甲状軟骨下の創部、右創部
●瘢痕・癒着の影響を受け喉頭周辺筋が硬化している
●左の動きを補助するために右の過緊張が大きい
●嗄声のため努力型発声に陥っている
●それらの結果、LDPとなっている
●左胸鎖乳突筋削除により頭頚部が左に傾いている
●声量が落ちたため呼吸が浅くなっている
検査結果の作絵を供覧します。
なお、これらは外皮からの予想図となり、形状や範囲は正確無比ではありません。
e0146240_1141189.jpg
 

改善に向けての施術のスケジュールは以下の通り。
①手術創の癒着部分を超音波および手技で取り除いていく
②瘢痕部の血行を良くして瘢痕を徐々に小さく消失させる
③喉頭牽引や手技で喉頭周辺筋の柔軟性を作る
④舌骨を引き出しLDPを改善する
⑤スーパーライザーでピンポイントの神経加温を行い運動性を上げる
⑥アプローチ中の発声トレーニングで右声帯筋の動きを高める
⑦胸鎖乳突筋を含むストレッチを行い斜頚状態を改善する
⑧肋椎関節の動きを良くして空気流入の増大を図る
⑨真呼吸のトレーニングで発声用肺活量を増やす
⑩声専用スーパーキャンディをなめて声帯粘膜の振動率をアップさせる

上記の①~⑩を順番に行ったり、組み合わせたりして、施術を行いました。
最初は、輪郭のない枯れ声で、ささやくような小音量でしか会話ができませんでした。
しかし、6か月間全9回の施術で、声に芯が生まれ、聞き取りやすくなり、豊かな低音の声になってきました。

家族や知人から「おぉ、声が良くなったね」「聞き取れるようになったよ」と評価される声に仕上がってきました。
また、医師の喉頭ファイバー検査でも、右声帯の代償性運動が活発になっているそうです。
依然、嗄声は残存していますが、舌骨引出法による咽頭収縮筋を最大利用した発声で嗄声は皆無となるため、まだまだ改善の期待が大ですね。
反回神経麻痺は不可逆ゆえ完治はありませんが、喉頭と呼吸の運動性を上げれば日常生活での支障はなくなります。
それどころか、多少のかすれを低音豊かなハスキーボイスまで高めることで、セクシーな大人の魅力であふれる良声になるでしょう。
ご快癒をお祈りしつつ、ご掲載のご許可に心より感謝申し上げます。
全国に同じようなお悩みで苦しんでいる方々が大勢います。
当記事によって光が差せばと願っております。
お大事に・・・

e0146240_11412577.jpg
 



追記1:罹患(りかん)とは「病気にかかること」、廓清(かくせい)とは「悪いものをすっかり取り除く」、を意味しています。




追記2:当サロンは、喉の筋肉の運動性を上げて声を出しやすくするアプローチが主で、反回神経麻痺を直接治すことはできません。それらの治療は、信頼できる医師や言語聴覚士にご相談ください。




追記3:わたしも甲状腺腫瘍に罹患しています。伊藤公一先生(甲状腺疾患専門病院院長)にご高診いただき経過観察中です。ときどき腫れ、輪状甲状筋を圧迫して声帯伸長を妨げるのでしょうか、声がかすれます。昨夜も、そうでした。細密な触診で、自分の腫瘍の場所を特定できます。この指先の器用さには、伊藤先生も驚いていました。甲状腺疾患と声って、関係が大有り。歌手・声優・声を大切に思っているひとにとって、ほんのちょっとした声の変化でも困惑するものです。甲状腺疾患(甲状腺癌・甲状腺腫瘍・バセドウ病・橋本病など)の皆さま、お互い、がんばりぬきましょう!!!




追記4:この方は、最終的に日常生活で問題ないほどの声、そして、念願のカラオケも歌唱できるまで回復しました。本当に良かった・・・





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 





Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-06-25 01:16