声論②


常に良い声を出す意識を持て!


e0146240_16433729.jpg

しゃべり声(会話声)の延長に歌声があります。
歌は何ら特別ではありません。
しゃべり声に、息の流れを統制しながら旋律を付ければ、それが歌です。
旋律、つまり、メロディは喉頭周辺筋の運動の産物。
声帯をコントロールする筋肉には、声帯筋、輪状甲状筋、後輪状披裂筋、外側輪状披裂筋、甲状披裂筋、斜披裂筋と横披裂筋があります。
なお、甲状喉頭蓋筋も含まれる説もありますが、わたしはこのカテゴリーから除外しています。
なぜなら、この筋肉は、声帯の四大行為、①開閉、②伸縮、③硬軟、④厚薄に関与しないからです。
甲状喉頭蓋筋は、音源でなく音色に影響しやすいと考えています。《医学的観点でなく声的観点から》
実は、解剖触診で何度も検証しましたが、喉頭蓋引き下げの他の動き方がわかっていません。

起始:甲状軟骨板内側面(輪状甲状靭帯の一部を含む)
停止:喉頭蓋の外縁と披裂喉頭蓋ヒダ

e0146240_1651676.jpg


追記1:甲状喉頭蓋筋も含まれる説もあると記載しましたが、甲状披裂筋の一部として甲状披裂筋甲状喉頭蓋部と捉えているようです。やはり医学的には、反回神経支配であることも根拠の一つなのかもしれませんね。このようなケースは、輪状咽頭筋が咽頭収縮筋輪状咽頭部として表記されるのと同じです。



追記2:声論は、ほんの一言の簡潔な記事をと考えていましたが、何だか難しくなってしまいました。申し訳ございません。内喉頭の筋肉は、外皮から触知しにくいため、わたしにとってまだまだ未達成の部位です。堅忍不抜で研究を続けます。(医学における解剖学としては詳しく判明していますが、それらが声に、とくに美声にどう関与しているのか、あるいは関与させるのかを常々希求しています!)






新しい年が始まりましたね。
今年も、皆さまの声(主に音色)が良くなるよう、研究に施術に、全力で奮闘します。
さて、繰り返します、『常に良い声を出す意識を持て!』を忘れないで。
何もにも代えがたい日々のトレーニングになります。
毎朝の挨拶「おはようございます」、電話口の「もしもし」、コンビニのレジで「ありがとう」・・・
絶えず意識して良い声を出すこと。
最初は気取っているように感じピンとこないかもしれませんが、慣れてくれば自然になり、周囲の評価も「おぉ、いい声だね」と。
是非、取り組んでください。
by aida-voice | 2013-01-01 02:35