Geroさんの喉頭は素晴らしい! Part1


まずは絵をご覧ください。
e0146240_0221182.jpg
これはGeroさんの喉頭。
実際は、もっと詳しい甲状軟骨や筋肉の状態を調べた写真があります。(精巧な原本はGeroさんが持っています)
発声しながらビデオで撮り、解析した検査結果です。
その写真をラフな絵に変換しました。
当図からわかる事実がいっぱいあります。
1:甲状軟骨の状態
2:舌骨、甲状軟骨、輪状軟骨との関係
3:発声のための筋肉の付き方
4:共鳴腔の存在
5:その他
さあ、この辺りにポイントを置いて見抜いてください。
次回は甲状軟骨の状態から解説〔クイズ形式〕しましょうか!?
スゴイですよ~
驚きの連続・・・




追記1:Geroさんの喉を解説しながら正しい声の知識を得ていただくのが目的の記事です。ご許可くださったGeroさんに心より感謝申し上げます。



追記2:これまで触診した16000以上の中でも、トップ10に入る極上の喉。見事です。もちろん赤飯さんも入っていますね。それぞれ個性があって、その違いも明確にわかっています。声って本当に素晴らしいですよ!!!



追記3:当サロンおよび會田茂樹の研究や施術は、声の“質”に対してのみであり、歌のテクニックや練習法に関して言及しておりません。音声の本質を追い求めているのです…



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2012-12-01 19:17