声の短問短答【続編】20


「歌の先生から『声の軸がぶれている』と指摘されますが、直す方法はありませんか?」

『声の軸がぶれている』を違う言葉で表現すれば、『音の定位が合っていない』ことになります。
つまり、発せられた音がバラバラに聞こえたり、音の密度が低くぼやけたり、音域単位にそろっていなかったり、全体にやや乱れて聞こえる状態。
何が原因なのか?
答えは、呼気の①流量と②圧力が足りないからです。
フィジカル分野での改善法はあるのか?
ございます。
①流量:歌唱用の最大肺活量を増やしましょう。これには真呼吸三法の1のトレーニングが効果的。
②圧力:喉頭の柔軟性の獲得と声帯の振動効率のアップ、さらに真呼吸三法の2のトレーニングがお薦め。

e0146240_9525312.jpg




声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-11-09 09:53