声の短問短答【続編】19


「声の大きさは何で決まるのですか? 体型と比例はしませんか?」

声の大きさは、①呼気量増大・②声帯振動高効率・③共鳴腔構築、の3要素によって成り立っています。
これらから考えると、体型が大きくなれば、胸郭や各共鳴腔も大きくなる〔①と③が優位になる〕ため、声は大きくなる可能性はあります。 
ただし、肋椎関節を十分に活かした真呼吸、喉頭周辺筋の柔軟性、共鳴腔(とくに咽頭共鳴腔)を使いこなす能力を獲得することで、体型に関係なく大きな声は出せます。
実際、小さな体にもかかわらず、驚くほど声量の豊かな歌手がいますからね。

e0146240_8503279.jpg




声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-11-07 08:51