声の短問短答【続編】7


「アイスクリームシェイクを吸うとき、のどに力が入りますか?」

これは須川さんからの質問です。
アイスクリームをシェイクしてストローで吸う飲料。
マクドナルドのマックシェイクやサーティワンのビバレッジが有名ですね。
冷たくドロッとした舌触りが美味しく、わたしも好きです。
さて、この吸う行為が問題点となるかとの質問です。
アイスクリームが硬いとき、一生懸命に吸うことで、喉周辺の筋肉に力が入るのは確かです。
吸い上げる物質の粘度が高い場合、吸気運動と共に口腔と咽頭の空間を陰圧にして液体を吸い上げるのです
短い時間なら構いませんが、長時間にわたって強く吸い続けていると、過緊張が促進され、喉頭に悪影響の場合もあり得ます。
検証しました。
数名に、硬いアイスクリームのシェイクを吸ってもらいます。
最も強く吸っているときの様子を、①外皮から観察する、②喉頭の硬度を計る、③舌骨の位置を計る、ことをしました。
その結果です。
①すべてのひとが、見るからに喉に力を入れて吸っている。肩甲舌骨筋または胸骨舌骨の浮き上がる確率は、なんと75%に達した!!!
筋高度計の値が50Tone以上(エリートボイスユーザーの筋硬度は20Tone以下)
③無声時の位置から平均2ミリ深奥化する
これらにより、LDP と喉頭周辺筋硬化現象が確認されますね。
アイスクリームシェイクが硬いときは、少し溶けるのを待つか、ゆっくり優しく吸うことをお薦めします。
ただ、毎日多数個を食さない限り過緊張が癖化することはないので、目くじらを立てるほどでないとは思います。
美味しくいただきましょう。


e0146240_1425422.jpg



声の短問短答【続編】の詳解
by aida-voice | 2012-09-18 00:08