声の短問短答65


「滑舌が悪いのですが原因はありますか?」

さまざまな原因がありますが、ここでは外喉頭、つまり、運動分野からお伝えします。
まず、滑舌を良くする方法として、唇(くちびる)を横に広げたり突き出したりを繰り返す「ウイウイ・・・」の体操はご存じでしょう。
これは、最終音の調整としては効果がありますが、運動の観点からは滑舌に大きく寄与しません。
なぜか?
滑舌の根本は、やはり、舌です。
唇の筋肉は舌の筋肉と交通していないからです。
そう、唇は舌の運動に関係しない。
繰り返しますが、最終音の調整としては効果がありますので、言葉にとって練習そのものは有意義だと信じています。
ただ、『滑舌を良くする体操』と銘打つのは違和感があります。
では、どこにポイントがあるのか?
それは舌骨上筋群です。
舌運動に大きく関与したり補助したりします。
この周辺の柔軟性と運動性を上げることで滑舌がグンと良くなったケースは枚挙にいとまがありません。
ただし、滑舌には病気(脳神経障害)や技術不足など各種要因も多くあるため、一様に解決法を断定するのは難しい側面も持っています。


※声の短問短答の詳細※
by aida-voice | 2012-08-17 10:23